<プロフィール>

萬年和子 Mannen Kazuko

神戸市出身 横浜市在住

 

 

元日本航空国際線CA。 

JAL在職中にネイルアーティストとしての技術を修得。 

 

14年間のフライト生活後、

ライターズスクールにて脚本術を学び、

専業主婦の生活の中でグラスリッツェン、 金繕いなどありとあらゆる稽古事に学ぶ。

 

野菜ソムリエに興味を持ち資格取得後

レストランプロデュース学を学びフードビジネス・コーディネーターの資格取得。

フリーのフードプランナーとして飲食業界へ。

 

現すかいらーく社長 谷 真氏(当時ニラックス株式会社 社長)からのオファーにより、

ニラックス(株)京都のブッフェレストランSARAのメニュー改善からスタートし、

ららぽーと豊洲、トレッサ横浜等大型商業施設での立ち上げ企画、

メニュープラン、インテリア、イベント企画に関わるミッション遂行。

 

NTTレゾナントと提携、ポータルサイトgooにてレシピ連載。

フードプランナーとして大手企業のキャンペーンメニューの提案、

武庫川女子大学、山梨学院大学にて講師としてフィールドを広げていく。

 

震災を機に「食」から「食育」へとベクトルを変更。

老人医療介護施設、認可&認可外保育園にて5年間給食・保育補助の現場に関わる。

0才~5才児の保育・給食業務の現場で働きながら

真の食育の意味を考え始める。

ベビーマッサージのディプロマ取得。

 

人が生きていくうえで

BODY(体)・MIND(心)・SPIRIT(魂)の統合の重要性を考え始めていた時、アーユルヴェーダとの出会い。

理論から五大元素と人との関係、薬理学を学び、セラピストの技術を修得。

子供の頃から感受性が強く、これをセラピストとしての立ち位置でホリスティックに生かしてみようと

細胞レベルから人の健康を考えることを目指す。

 

2019年7月、横浜市港北区日吉にて女性のためのアーユルヴェーダサロン「August Healing ダーディマ」創業。

現在、キッチンスタジオペイズリーにてインド・スリランカ料理を通してスパイスを勉強中。

 

アーユルヴェーダを通して、

女性が「Aim own styleー自分のスタイルを目指す」ことをサポートするライフスタイリストとして活動中。