大宇宙がそうであるように

小宇宙である私たちもそうである。

 

 

 

 

昔々、5000年以上も昔、

口伝で伝えられ

今に在るアーユルヴェーダの古典書チャラカサンヒター。

 

世界最古の伝承医学としてWHO(世界保健機関)に承認された代替医療です。

長い時を超えて伝えられる神秘は

奇跡と表現しても過言ではないです。

 

 

今日はどんな空の色をしていますか?

その瞳に映る景色に気持ちは穏やかですか

移り変わる季節に吹く風は乾燥していますか?

しっとりと感じますか?

 

 

降る雨は冷たいですか?

雨上がりの庭の植物からどんな匂いがしますか?

よく晴れた地球の上に横たわると

心は何を感じたでしょうか?

 

目の前の自然に感じることすべてが今の自分であり

その感じ方はそれぞれで

誰一人同じではないということ。

アーユルヴェーダは

五大元素「空・風・火・水・地」を通して

人と深く関わり

全ての人に健康で幸せであるための啓示をしてくれます。

 

五大元素を単純化し

3つの生命エネルギーに分類します。

これを3つのドーシャ(身体構成要素)と表現されています。

簡単にいうと3つの体質、

ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(地)

と呼ばれ分類されます。

 

個の3つの分類には残りの2つ(空・水)

が関わり構成されています。

 

アーユルヴェーダでは肉体の体質だけでなく

心にも体質があり感情に影響が出ます。

 

風のエネルギー「ヴァータ」

移動が速く自由です。乾燥などの要素を備えています。

 

火のエネルギー「ピッタ」

内に秘める野心

目的を果たす情熱が強い。

体質的には内に灼熱感を持っていたりします。

 

土のエネルギー「カパ」

動かないエネルギーです。

安定感がありますが、

怠惰感ややる気に影響が出ます。 

水の元素と関わるので偏ると浮腫みの症状が強くなります。

 

人は偏る性質があるため

この3つのうちのどのエネルギーかが優位になり

バランスの形を変えていきます。

当然のことながら

この偏った部分に負担がかかり

本来の自分の軸で生きることが

難しくなり始めます。

 

光のごとく瞬時に移り変わる情報に溢れ

私たちのライフスタイルはその変化とともに走り

本来の自分から遠ざかってしまいがちです。

 

BODY(体)・MIND(心)・SPIRIT(魂)

この3つのバランスが私たちの人の持つバランスの源です。

このバランスが崩れると人はだんだん動きづらくなり、

状態が進行するとやがて「停止」が起こります。

これが病むということ。

失ってしまったバランスをメンテナンスし

本来の自分の本質を取り戻す必要があります。

この時にアーユルヴェーダの3つのドーシャ(身体構成要素)で

自分のバランスを知るということが

前進するための一歩となります。

 

5000年以上もの時を超えて伝えられた奇跡が

アーユルヴェーダです。