大宇宙がそうであるように

小宇宙である私たちもそうである。

 

  

アーユルヴェーダは世界最古の伝承医学として

WHO(世界保健機関)に承認されている代替医療です。

 

特定の社会 国家 宗教等に従属するものではなく

万人の幸福を目指すものであることが 

5000年以上もの長い時を超え不朽の術として今に伝えられた所以です。

 

 

アーユルヴェーダでは

この大宇宙を構成する五大元素

「空・風・火・水・地」

この組み合わせで起こることを通して

私たちにボディサインとして

バランスの術を啓示をしてくれます。

 

 

 

五大元素を

ヴァータ(風) ピッタ(火) カパ(地)

という3つの生命エネルギーに分類し、

 

これに残りの2つ(空)と(水)

が結合し構成されます。

 

アーユルヴェーダではBODY(肉体)だけでなく

MIND(心)にも体質がありSPIRIT(魂)からの感情に影響が出ると考えます。

 

 

ヴァータ(風のエネルギー+空)

 

風は移動が速く 軽やかで

ひとつのところに長く滞在することがなく変化し続けます。

 

この風のエネルギーを受け続けると

肌は乾燥し 冷え 老化を早めます。

移動と変化で神経性にダメージが出ます。

身体の痛みがあるところには 

必ずこのヴァータが偏っています。

痛みをとるためには

風の性質とは反対のエネルギーでバランスをとることで

痛みから解放されます。

 

 

 

 ピッタ(火のエネルギー+水)

 

火に偏ると身体の内に熱がこもり大切な水分が蒸発します。

よく汗をかき、灼熱感があるのですが、

体内組織、臓器が乾燥状態になり

皮膚を掻くと赤くなったり、蕁麻疹など肌がデリケートに。

喉がよく乾き、エネルギーが短いです。

 

胃腸に熱がこもり強い消化力で、空腹感が強くなります。

ソバカスなど色素沈着があるのも特徴です。

目の疲れなどもピッタの偏りから発生します。

 

 

 

カパ(地のエネルギー+水)

水の元素と結合します。

 

 

土が水を含んだままの状態に偏ると

水は冷たく重いという性質があるため

足先の冷えや浮腫みなどの症状が出ます。

 

怠惰感で動き出すまで時間がかかり

エネルギー消費が少なくなる為太りやすくなります。

冷んやりと湿気を与える月のイメージを

カパに例えたりします。

闇夜を静かに照らす月は冷静で誰の心も落ち着かせてくれます。

 

 

全ての人にヴァータ ピッタ カパがあります。

人はどうしても偏る性質があるため

この3つのエネルギーのどれかが優位になり

バランスの形を変えていきます。

当然のことながら

偏った部分に負担がかかりバランスが崩れます。

本来の自分軸で前進することが難しくなり

 

やがて「停止」がおこります。

 

これが病むということ。

 

BODY(体)・MIND(心)・SPIRIT(魂)

この3つのバランスは私たちの人の持つバランスの源です。

 

 

アーユルヴェーダの3つの分類を通して

今の自分バランスを知り 根源からメンテナンスをすることで

自分の本質を取り戻します。